Webは簡単なんだけど...。

Apacheの設定例なんかいっぱいあるからね。わざわざここに書く意味はないですね

で、メールの設定はどーやってやるんだ?

SMTPはいい。SendMailでもPostfixでもマニュアルに書かれている。その通りにやればそれなりに動かせる。

Postfixの設定

基本的なインストロールはできているものとする。

main.cfに設定行を追加すればOK。

# vi /usr/local/etc/postfix/main.cf

virtual_mailbox_domains = example.jp, example.com virtual_mailbox_base = /usr/local/vpopmail/domains virtual_mailbox_maps = btree:/usr/local/etc/postfix/vaddr virtual_minimum_uid = 5000 virtual_uid_maps = static:5000 virtual_gid_maps = static:5000

バーチャルアドレスを定義するんですよ

# vi /usr/local/etc/postfix/vaddr

info@example.jp example.jp/info/ admin@example.com example.com/admin/

Postfixに反映させましょうね

# postmap breee:/usr/local/etc/postfix/vaddr # postfix reload

Postfixを運用していれば、SMTP側の設定はこれだけだ。たぶん。簡単なもんだ。

POP3さーばー

まず、サーバーアプリは何を使うんだ?ググると色々出てくる。が、実際どーやって使うもんだかが分からんのばっかしぢゃ。

dovecotにしてみる

SSL、POP before SMTP、バーチャルドメイン。この3つに簡単に対応できるものがどっかにあっていい筈だ!と探し回ること約2時間。みつけた。

とりあえずインストロールしてみる。ぢゃなくてインストールだ。Portsを使えば簡単だ。

# cd /usr/ports/mail/dovecot # make # make install

したっけ、設定すんべ。

- protocols = imap pop3 + protocols = pop3 pop3s - #listen = * + listen = * - #ssl_listen = * + ssl_listen = * - #ssl_disable = no + ssl_disable = no + ssl_cert_file = /usr/local/cert/crt.pem + ssl_key_file = /usr/local/cert/key.pem - maillocation = mbox:~/mail/:INBOX=/var/mail/%u + maillocation = maildir:/var/mail/vhosts/%d/%n - # mail_plugins = - # mail_plugin_dir = /usr/local/lib/dovecot/pop3 + mail_plugin_dir = /usr/local/lib/dovecot/pop3 + mail_plugins = drac - passdb pam { - } + passdb passwd-file { + args = /etc/dovecot-passwd + } + userdb static { + args = uid=5089 gid=5089, home=/var/mail/vhosts/%d/%n nice=10 + }

dovecotにバーチャルユーザーを作成

# vi /etc/dovecot-passwd

info@example.jp:XxXXxxxXXXxxX admin@example.com:XxXXxxxXXXxxX

※ パスワード部分はOpenSSLを使って作る

# openssl passwd

Password: Verifying - Password:

自動起動できるようにする。手動起動でも必要なんだな。

# vi /etc/rc.conf

+ dovecot_enable="YES"

dracを設定

dovecotで、dracを使えるようにするんですよ。

ln -s /usr/local/ setenv dovecot /usr/ports/mail/dovecot/work/dovecot-1.0.0/ fetch http://www.dovecot.org/patches/drac.c gcc -Wall -W -shared -fPIC -DHAVE_CONFIG_H -I$dovecot -I$dovecot/src/lib drac.c -o drac.so -ldrac cp drac.so /usr/local/lib/dovecot/pop/

dovecotを起動。

# /usr/local/etc/rc.d/dovecot.sh start

あー、ここまで書いていてなんだが、このメモには確認フェーズは書いていない。然るべき所でちゃんと確認したまえ。